Challenge of the gentleman

紳士のチャレンジ

メンズヨガにチャレンジ

メンズヨガにチャレンジ

毎日忙しく仕事をしているダンディな紳士にとって、身体や頭をリフレッシュすることはとても重要です。

 

今回は、メンズヨガにチャレンジ。

場所は恵比寿にあるポジティブスターヨガ様。

日光が良く入り、明るく気持ちの良いスタジオです。

 

 

ヨガといえば、グループレッスンのイメージが強く、かつ女性が多い中で男性はなかなかチャレンジするのが恥ずかしいという印象。そんな男性の悩みを解決すべくポジティブスターヨガではマンツーマンレッスンを行っています。

初心者でも人目を気にすることなく、自分のペースでレッスンを受講出来ます。

 

また、講師の先生達も現役モデルや女優だった方達が多く、美人揃いで好評とのこと。先生を指名することも可能。

通っている方は40~50代の男性が9割で、経営者が多いとのこと。日々身体や頭を使っているので、何も考えずにリフレッシュできる時間が欲しいのでしょうか。ヨガの後にマッサージを受けて帰る方も多いのだとか。

 

こちらが株式会社ポジティブスターヨガの庄司祐子さん。

 

笑顔が素敵で親しみやすく安心感を与えるお人柄です。同じ関西出身で話が盛り上がりました。関西・福岡・名古屋への出張ヨガも行っているそうです。

今後は、企業の福利厚生としてヨガをどんどん広げていきたいとおっしゃっていました。

 

まずはレンタルウェアに着替えます。

手ぶらでレッスンを受けることが出来るのも嬉しいポイント。

 

着替えが出来たらカウンセリングを受け、レッスンメニューを決めます。

運動をしているか、現在気になっていること・身体の不調をヒアリングしてもらいました。

 

カウンセリングが終了し、いよいよレッスンがスタート。

まずは安楽座に座り、目を閉じ、自分の今の呼吸を観察していきます。

呼吸に集中し、頭の中も空っぽにしていきます。

 

その後、お腹を膨らませたりへこませたりして、呼吸を整えていきます。

身体の緊張がほどけ、どんどんリラックスしてきました。

 この呼吸法でヨガのレッスンを受けていきます。

 

最初に肩回りや肩甲骨周り・首回りのストレッチ。

 

この後はヨガのポーズをどんどんとっていきます。

 

四つん這いになり、猫のポーズ。背中を丸めたり伸ばしたりします。

 

 

猫の背伸びのポーズ。肩回りをしっかりとほぐしていきます。

 

 

右手と左足を伸ばし、次に右手と左足をくっつけ、お腹を縮めます。

その後手足を変え、同じことを行います。

ポーズをとっていると、呼吸が止まりやすいので呼吸を止めないように意識することが大事だそうです。

 

足の甲・おでこをマットにつけ、チャイルドポーズで休憩。

この時に腰や肩を押して伸ばしてもらいます。肩がとても凝っているとのこと。

 

次は立ちポーズです。

 

足の親指をくっつけ、おへそに力を入れ、合掌し、天井に手を伸ばします。

そのまま横に伸ばし、三日月のポーズ。

体側を気持ちよく伸ばしていきます。

 

次はバランスを取る、立木のポーズ。

 

片足を軸に反対の足は足首~太ももに置き、胸の前で合掌し、手を天井に。

足と背筋を強化していきます。

 

右足を軸に、左足を遠く伸ばし、骨盤とおへそは正面に。

右足を踏み込み、英雄のポーズ1番。

 

かかとを一直線にし、手と指を伸ばし、英雄のポーズ2番。

引っ張られるように伸ばしていきます。

 

身体を倒し、片手をあげ、三角のポーズ。

体側を伸ばしていきます。デトックス効果が高いポーズと言われています。

 

 

戦士のポーズ4番。

 

 

両手を万歳して片足で立ちます。戦士のポーズ3番。飛行機のポーズです。

バランスを取るのが難しかったです。

 

じわじわ汗をかいてきました。

先生が定期的に呼吸のアドバイスをしてくれるので、呼吸を止めることなくポーズをとることが出来ました。

 

次は座りポーズ。前屈から。

 

 

仰向けで寝転がり、両手両足を上げぶらぶらと揺さぶります。

ゴキブリのポーズ。

 

片膝を両手で抱え、胸の方向に引き寄せ、ガス抜きのポーズ。

便秘解消に効果的と言われています。

 

 

片側に身体を倒し、反対の手を伸ばし、ワニのポーズ。

骨盤のゆがみを調整していきます。

 

反対側も行ったあと、両膝を抱え、頭を浮かせおへそを見るようにします。

その後、上下に腰をマッサージするように転がしていきます。胎児のポーズ。

腰痛に効くポーズと言われています。

 

両手をつき、膝を立て、足を腰幅に開きます。

ゆっくりおしりと腰を上げ、太ももを強化。

 

 

足を閉じ、左右に倒し、腰をマッサージ。

首も左右に動かしてマッサージした後、脱力し目を閉じます。

 

 

最後のポーズ。

シャバースナ(安らぎのポーズ)で、今日使った筋肉を緩めて休めます。

 

この時、アロマオイルで手と頭のマッサージを行っていただきました。

ヨガをした後だったので、とても心地良く、さらにリラックスすることが出来ました。

 

以上で、メンズヨガレッスンが終了。

 

初めてのヨガだったので、ポーズをとるのも難しいかと思ったのですが、初心者でも気軽に出来、良かったです。自分のレベルに合わせてレッスンを組んでいただけるのもマンツーマンならではですね。

 

尚、ポジティブスターヨガでのメンズヨガ受講料は月謝ではなく、都度払いで1時間11,100円です。(初回体験は12,000円、入会金20,000円)

営業時間は、8:00~22:00までやっており、仕事や自分のペースに合わせて通えるのでオススメ。

 

 

山之上友の、最後ひと言。

初めてのヨガでしたが、とてもすっきりして、身体も頭もリフレッシュすることが出来ました。いつか趣味のサップの上でもヨガが出来るようになりたいです。

ぜひこれからも続けていこうと思います!皆さんも是非!

 

庄司 祐子

株式会社ポジティブスターヨガ 代表取締役

資格:ヨガライセンス、ファスティングマイスター、ウェーブストレッチベーシック1取得

サイト:https://ps-yoga.com/index.html

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

おすすめのチャレンジ