Challenge of the gentleman

紳士のチャレンジ

耳つぼにチャレンジ

耳つぼにチャレンジ

紳士の皆様は普段から、トレーニングやマッサージ等身体のケアには気を付けていると思います。しかし、耳つぼを受けたことのある人は少ないのではないでしょうか?

耳には足裏同様沢山のツボがあり、その効果も高く評判になっています。

 

そこで今回は耳つぼを行っている、ブライダル耳つぼジュエリー®協会代表の後藤先生の耳つぼにチャレンジします。

ブライダル業界初のアイテムであるブライダル耳つぼジュエリー®を展開し、桂由美ブライダルハウス様などと提携されています。ジュエリーになっている耳つぼシールを貼ることでリフトアップしたり、冷え性改善に効き、花嫁さんに大好評だそうです。

 

 

まずは耳のチェックから。

後藤先生は耳を見ただけで、その時の身体の状態が分かるので、

私の耳を見ていただいたところ、眼精疲労・寝不足・耳鳴りが出やすい・腰痛の疲れが現れているとのこと。

そして、なんと後藤先生は耳からその日の性格も分かってしまうそう。

例えば、今日は落ち込みやすい、今日は積極的に動ける日など。

中医学の考えを取り入れており、バランスを整えることを大事にしている為、今日取り入れたほうが良い食材についてもアドバイスをいただきました!

私の場合は「ひじき」「大豆」。アドバイスを元に、早速その日の食事に取り入れました。

 

次に、耳ストレッチ。

耳つぼを施術している多くの店舗や人は、この耳ストレッチをしていないとのこと。

しかし、この耳ストレッチをすることでより耳の状態が分かり、身体もほぐれて楽になるそうです。実際耳ストレッチを受けてみて、ほどよい痛さでとても気持ち良かったです。

身体に疲労や不調が全くなければ、この耳ストレッチも全く痛くないと聞き、驚きました。

 

 

そして、肌色で目立たない耳つぼシールを、不調が現れているツボに貼っていきます。

私はリフトアップ、手首の腱鞘炎・花粉症・喉・胃の疲れに貼ってもらいました。

肌色なので全く目立たないので安心です。

また、リフトアップは貼った瞬間から効果が出るので、花嫁さんやモデルの方はもちろん、多くの女性から人気だそう。

たった15分程度で体験できるのは、忙しい私としてはとても嬉しいですね。

また、マッサージだとその日の効果を長期間持続することが難しいのですが、

耳つぼだと、耳つぼシールを貼っている間(約10日程度)はずっと効果があると聞き、私も定期的に受けようと思います。

 

 

山之上友の、最後ひと言。

こんなに短時間で身体の不調に対してアプローチできる耳つぼはすごいと思いました!後藤先生の耳学は紳士のたしなみでも毎月連載していますので、ぜひそちらも読んでみてください。

皆さんも是非レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

ブライダル業界初のアイテムであるブライダル耳つぼジュエリー®を展開
コラボ先としては桂由美ブライダルハウス様
恵比寿「アクトスクエア」内 Duo DOMO様、渋谷Angepatio様 etc.

耳から健康や美容、メンタルまでアプローチする技術を伝承し、未来の変革期に柔軟に対応できる人材を協会を通して養成中
結婚式の新婦様、新郎様の突発的な心身トラブルに当日耳から働きかけ快適で心に残る記念日を演出

【ブライダル耳つぼジュエリー協会東京本部】
東京都中央区銀座8丁目18ー14 アネーロ銀座302

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

おすすめのチャレンジ