Challenge of the gentleman

紳士のチャレンジ

帽子選びにチャレンジ

ボルサリーノ

髙島屋横浜店6階
横浜市西区南幸1-6-31

<前編>カウンセリング・試着・型選び

IMG_6177

職人の手で丁寧に作られた、芸術的なフェルト帽子で有名なボルサリーノで、この秋冬に使用する帽子を選びます。

 

2

入り口で目に飛び込んできたのがカラフルな9種類の帽子。
QUALITA SUPERIORE(Q.Sモデル)というシリーズらしく、まずはここで色のイメージだけでも試すことが出来るようです。今シーズンはボルサリーノの直営店では、約15色展開しているとのこと。今回特別に対応して頂いたのは、ブランディングマネージャーの近藤さんです。ダンディ。

 

3

ボルサリーノは1857年、イタリアのアレッサンドリア創業。男の憧れ、ボルサリーノを選びます。カウンターで帽子のタイプを相談。
今回は、ドレッシーにもカジュアルにも使えるマルチなタイプを希望。

 

4

近藤さんのアドバイスのもと色々と試着。こちらはなんと折りたためる柔らかさ。上質なウサギの毛のみで作られたタイプ。

 

5

こちらはBEAVER(ビーバー)。光沢があり触り心地もいい。

 

6

ボルサリーノのおすすめという事でもあり今回はこちらに。
色々と試着を重ねます。つばの広さ、色により随分印象が変わります。

 

7

こちらは茶色の広つばタイプ。帽子にインパクトがあり、コートやマフラーとのコーディネート時には迫力が出るとのこと。最近のトレンドは広つばらしい。

 

8

結局、組み合わせがマルチで楽しめるBEAVERのグレーを選択。
リボンの横のボタンは帽子が飛ばされない為のウィンドキャッチャー。細部までこだわりが。

 

 

ボルサリーノ 髙島屋横浜店6階

横浜市西区南幸1-6-31

 

ショップのご紹介

1857年、イタリアのアレッサンドリアにジュゼッペ ボルサリーノがフェルト帽の芸術的職人のみを集めた工場を設立して創業した高級帽子ブランド。

伝統的な機械と道具を使って作り出すその技術は定評があり、一つのフェルトを作り出すのに40以上の工程を経て作られている。

2015~16年の秋冬コレクションには70年代のエレメントとボルサリーノのDNAが融合した“GRIFONE SILCHI”(グリフォーネシルキ)復刻シリーズハットも誕生。

多くの著名人に愛されている。

http://www.borsalino-japan.com

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。