Challenge of the gentleman

紳士のチャレンジ

セクシーボディートレーニングにチャレンジ

<後半>最終トレーニング・結果

セクシーボディートレーニングにチャレンジ
<後半>最終トレーニング・結果

本日は六本木駅より徒歩1分の場所にあるZESTARにて、プライベートボディメイキングの最終回です。
バルクアップではなく、体幹を鍛えて美しい身体になりたいとお願いして約3ヶ月。
仕事柄、夜はほぼ会食で食事制限ができない為、19回のトレーニングのみでボディメイクに挑みました。

今回は仕上げの最終トレーニング。
本日担当してくださるのは、エグゼクティブトレーナーの入間川浩さん。トレーナー歴20年の経験から培ったスキルから自分に合ったプログラムを組んでいただきます。
これまでも上半身を鍛えるプログラムを組んでいただいていました。

まずはスミスマシンハーフゲージで重さを変えながら、胸や腕を鍛えていきます。
3カ月間で正しいフォームもしっかり身につき、初回よりも軽々とこなせるようになりました。

 

次はロウイングマシンを使ってして背中の強化を行います。
胸に引くときに身体が浮いてしまわないようにすることも大事です。
インターバルをおきながら10~15回で3セット行います。

 

そして、ダンベルとマシンを利用して肩もトレーニングしていきます。
腕を伸ばした状態でしっかりと上げ、20回。
トレーニングの終盤ということもあって、息も切れてきました。

 

トレーニング終了後、体組成分析、写真撮影を行います。
筋肉量は約1キログラム増で、筋肉をつけながら絞りこむことが出来ました。

 

初回と最終回を比べたBeforeAfterの写真も作成していただけます。

写真で見ると、その変化は一目瞭然です!
背中は綺麗な逆三角形型になりました。
毎晩カロリーの高い食事をしており、食事制限・お酒制限もしていない中で、ここまで綺麗な身体になれたのは、自分でも驚きの成果でした。

 


トレーナの入間川さんからひと言。
今回は、胸や広背筋・太ももといった大きな筋肉から鍛えることで、代謝を上げ美しい身体になるようにプログラムを組みました。身体も宝石と同じで、まずはざっくりと形を作ってから、細かい部分を研磨していくと綺麗に仕上がります。
食事制限が出来ない中でも、これだけの結果を残せたのは素晴らしいと思いますね。

編集長・山之上友の、最後にひと言。
「わずか週1回か2回でしたが、自分自身でも筋力がアップしたことが目に見えて分かりました!
トレーニングをすることで肩こりも改善し、以前は頻繁に行っていたマッサージも、トレーニング期間中は行くことがなくなりました。体幹を鍛えたのに、見た目も綺麗に筋肉が仕上がっており、驚きました。夏です!筋肉ダンディを目指して、皆様も是非チャレンジしてみてください!」

ジムのご紹介
ZESTAR
東京都港区六本木4丁目12番12号SANKOビル5階
完全プライベートな空間でトレーナーとマシンを独り占め。あなたのなりたいを叶えます。

https://zestar-fitness.com/

 

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

関連するチャレンジ

おすすめのチャレンジ