Challenge of the gentleman

紳士のチャレンジ

セクシーボディートレーニングにチャレンジ

<Vol.2>Sexy Body Trainig Program

page1image1032

本日はSexy Body Trainig Programhttp://bodydirector.com/danshi/の3回目です。
まずは、BODY DIRECTOR表参道本店の内部をご紹介。
こちらは着替え部屋。
3つ用意されています。

 

page1image2536トレーニングウェアの貸し出しもあるので手ぶらで来ても大丈夫です。

 

page2image560私は使いませんが、汗を流せるようにシャワールームも完備されています。

 

page2image1864
トレーニング開始です。
もともと筋肉がつきやすい体質なので、今回もストレッチを中心とした体幹を鍛えるトレーニングを中心に行っていきます。
まずはエアロバイクから。

 

page3image384次は足首のストレッチ。
脳から一番遠いところを伸ばすことで神経の流れが良くなるそうです。

 

page3image1544お腹の中の筋肉のトレーニング。
地面からお腹までの高さを保ちながら足を上下運動していきます。

 

page4image392引き続き腹筋に効果的な運動のアレンジ。
左右2秒ずつくらい交互に股関節を伸ばしていきます。

 

page4image1152ジャンプと同時に両手を振り上げます。
バランスをとりながらリズミカルに。
股関節全体を使って筋肉を伸ばしていきます。

 

page5image384両手を胸の前でクロスして組み、左右に体重移動していきます。
思ったよりきついです。

 

page5image1688ここから上半身の運動。
ダンベルを上げる回数を増やすことで筋肉の張りが変わるようです。

 

page6image736背中の筋肉が弱いと背骨が丸くなりやすくなってしまうそうです。

 

page6image1608足を台の上に乗せた状態で左右に脇の筋肉を伸ばしていきます。
片手を頭の後ろ、重りを持っている方向にストレッチ。

 

page7image392片手を頭の後ろ、重りを持っている方向にストレッチ。
重さは9キロくらいです。先ほどより脇の上の方の筋肉に効果があるとのこと。

 

IMG_1852最後の種目です。
両手でつかんで腰を曲げずに落としたまま肘を伸ばして引っ張る運動です。
通常動かさないお腹周りをねじる運動をしています。
ここまで約50分間。集中してトレーニングしました。

 

page8image552全種目のトレーニングが終わってアフタートリートメントをしてもらいます。
体の状態に合わせて優しくマッサージしたり、ストレッチをしたりします。
このトリートメントだけ受けに来る人もいるそうです。
今日は胸椎の張りが強いようなのでそこを中心にトリートメントしてもらいました。
このマッサージを受けると次の日の体の疲労感が全然違います。

 

 

BODY DIRECTORエクササイズスタジオ
東京都港区南青山3-14-2 ラゲット青山4階

ジムのご紹介

『身体が変わることで、生き方が変わる。』をモットーに、ひとりひとりの体質や生活習慣、目的に合わせたオーダーメイドのプログラムで確実に成果を出すことができる完全個室制パーソナルトレーニング専用ジム。一般的なジムでは困難な食事方法のレクチャーを取り入れ、効率的な肉体改造を実現している。見た目をスマートにするだけでなく継続的な健康を維持するための指導も併せて行っている。

http://bodydirector.com

男子専科STYLE  特別メニュー「Sexy Body Trainig Program」、申し込み受付中
http://bodydirector.com/danshi/

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

関連するチャレンジ

おすすめのチャレンジ