Gentlemen's Club

男子専科倶楽部

男子専科倶楽部は一流の紳士が集う完全招待制の紳士倶楽部です。
他では経験できない、限定イベントにご招待します。


男子専科倶楽部イベント参加ご希望の場合は、倶楽部事務局もしくは以下よりお申し込みください。
なお、イベント名、開催日、お名前、ご住所、携帯電話、メールアドレス、参加希望人数などを忘れずに入力してください。
事務局よりご連絡します。

イベントに応募する

男子専科倶楽部 ×「Christofle」×「HEINZ BECK」 スペシャルディナーパーティー

世界が賞賛する偉大なシェフ、ハインツ・ベック氏がローマからわざわざ来日し、開催される特別ディナーが、5月27日に丸の内のハインツ・ベックにて開催されました。
今回はシルバーウェアの代名詞としても名高い「クリストフル」とのスペシャルコラボ。
素晴らしい料理とワインのカップリングをクリストフルの食器、カトラリーで楽しんでいただくという贅沢なイベントです。
ハインツ・ベック氏のお料理は、素材の味がしっかりと活かされ非常に繊細。
また、アートの様に美しく、壮大な世界観が作り上げられていました。
美味しいだけではなく、消化の良いイタリアンを追求したその料理は、フルコースながら9皿が重く感じられず、計算され尽くしていました。
IMG_7764
ゲスト席からは皇居のお濠が。

IMG_7759
クリストフルの芸術的なテーブルウェアが並びます。

IMG_7792
一つ一つのお皿それぞれが異なる柄模様になっています。
重ねてコーディネートしても、一枚で使っても素敵です。

IMG_7761
卵の様な丸い形が斬新なMOOD。
これだけで食卓が一気にスタイリッシュになります。
新作「金の卵」は、高級感あふれる柔らかな金色が印象的です。

IMG_7774シルバーでできたチェアとキャンドルスタンドも登場。

IMG_7765
テーブルセッティングの様子。
2人1組で、ゆったりと楽しんでいただけるようになっていました。

IMG_7786ゲストのイニシャルが刻印された、クリストフルの男子専科ロゴ入りラゲージタグがプレゼント。

IMG_7849ハインツ・ベック氏、クリストフルジャパン ジャコメル社長によるご挨拶。

IMG_7892
ハンツ・ベック氏自ら料理の説明のためテーブルを回ります。

IMG_7870
お食事を楽しむゲストの方々。

Collage_Fotor
IMG_7857
Collage_Fotor2<特別メニュー>
・青林檎のグラニータと海の幸
・マグロのパンツァネッラ
・水の庭園
・トルテッリーニ カプレーセ
・アオリイカのクリームと海老のテンプラ
・リコリスとハーブを纏った鱸 アーモンドクリーム
・和牛 夏野菜添え
・びわ 人参とヨーグルト
・赤い果実の冷製スフェラ お茶のクリーム 結晶化したラズベリー
・プチフールとカフェ又はティー

3品目の「水の庭園」はハインツ・ベック氏が京都を訪れた際にインスピレーションを受けて考案されたメニュー。

IMG_7904
<提供されたワイン>
BARONE PIZZINI
GAVI 2014
SANCT VALENTIN 2013
BANFI 2009
MOSCATO ROSA 2014

 

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。