Gentlemen's Club

男子専科倶楽部

男子専科倶楽部は一流の紳士が集う完全招待制の紳士倶楽部です。
他では経験できない、限定イベントにご招待します。


男子専科倶楽部イベント参加ご希望の場合は、倶楽部事務局もしくは以下よりお申し込みください。
なお、イベント名、開催日、お名前、ご住所、携帯電話、メールアドレス、参加希望人数などを忘れずに入力してください。
事務局よりご連絡します。

イベントに応募する

GIORGIO ARMANI 2016春夏コレクション トランクショー

3月12・13日アルマーニ銀座タワーにて、男子専科倶楽部特別イベントとして『ジョルジオ アルマーニ2016年 春夏コレクション・ファッションショー」が、60名限定招待で開催されました。

今期のテーマは、メンズが “ マスキュリン ライトネス(軽やかな男らしさ)“ 、 レディースは ” フィル ルージュ(赤い糸)” ということで、リラックス感のある「夏の風」の爽やかさが、スモーキーカラーで現代的に表現されていました。
会場内に入ると” フィル ルージュ”の赤のイメージで、ライトによる演出がされています。

ショーは2部に分かれていて、1部は ”ニューノーマル” のコレクション、2部は2016年のコレクション ” フィル ルージュ(赤い糸)” のアイテムが登場。
メンズコレクションでは、上質な素材で非常に軽く着心地を追求したジャケットや、編み方でセクシーさが表現されていて程よい抜け感のあるニットなどが登場。

一方、女性は鮮やかな赤がアクセントになっている春らしいコーディネートが沢山展開されました。
最後に登場したラグジュアリーなドレスは圧巻で、ゲストの皆さんからも思わずため息が。

ミラノからはアンドレア・ペルッリ氏と、シモンネ・レッゴロ氏が来日し、今回のファッションショーも、アンドレア氏がコーディネートを担当しました。
近年、ファッションの潮流となっている ”ニューノーマル” というテーマは、過去からの定番モデルを現代的なテイストで再解釈し、復活させたもの。
スクリーン映し出されている1990年代に活躍された有名モデルを起用することで、若者だけではない大人の為のファッションの魅力を伝えたい、とアンドレア氏は話します。

大盛況のショーの後は、アンドレア氏に直接コーディネートを組んでもらうゲストの方も。
アルマーニ リストランテからのシャンパンやフードを楽しみながら、コテクションアイテムを手にお買い物を楽しんでお帰りになりました。

IMG_5417
会場のアルマーニ銀座タワー。

IMG_5509
会場内の様子。

IMG_5454
アンドレア・ペルッリ氏とシモンネ・レッゴロ氏の挨拶。
シャツよりも軽い着心地の『TOKYOジャケット』を着用しています。

Collage_Fotorショーには様々なアイテムが登場。

IMG_5628
フィナーレでは大拍手が。

IMG_5335『ニューノーマル』のアイテムが取り揃えてあるフロア。

IMG_5362
ウェルカムドリンクのシャンパンと、ジュース。

IMG_5346 ショーに登場したアイテムを実際に手にとってみることが出来ます。

IMG_5410 アンドレア氏にコーディネートをしてもらうゲストの様子。

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。