Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

できる紳士のデコレーションアート

シリーズ第1弾 ◆携帯電話DECO◆

みなさん、こんにちは。今回から私が今話題のデコについてご紹介をしてまいります。
第一回は携帯電話です!

2004年から大流行した、装飾が施された携帯電話。
ビーズやラインストーンを貼ったり、ペイントを施したりしてデコレーションされた携帯電話のことを通称「デコ電」と呼びます。

私が今回ご紹介するのは、「スワロフスキーを使ったワンランク上のデコ電」です。
スワロフスキー(Swarovski)は、オーストリアで創業した世界を代表する最高級クリスタルブランドです。
スワロフスキー社製のクリスタルは独自の製法と特殊なカット加工を施す為、ダイヤモンドにも引けをとらない美しい輝きがあると言われています。
有名人にもファンの多いスワロフスキー社製の最高級クリスタル。
私もこの美しい輝きに魅了されている一人です。

当社では、この「スワロフスキー社製」のクリスタルのみを贅沢に使用しており、女性はもちろん、大人の男性にも多くのご支持いただいております。
是非、あなたにも世界に1つしかない自分だけのオリジナルデザイン楽しんで頂きたいと思います。
ちょっとしたデコを取り入れるだけで個性が出るのはもちろんのこと、オリジナルとして愛着がわき、持っているだけで楽しみと優越感を得られるのも魅力の1つかもしれませんね。

例えば、自分の会社の社名やロゴをデザインとし携帯ケースにワンポイントデコをオーダーされる男性もいらっしゃいます。
「デコ電のおかげで1つ仕事が決まったよ、凄いな、ありがとう!」と以前、うれしいメールをいただきました。
私物の携帯電話にまで会社のロゴを入れて、会社が好きなんだな、仕事熱心な人だ!しかも控えめでお洒落と言われ取引先から大好評だったとのお声。
この方はもちろんこうなる事を想定してオーダーされたわけでもなく、ただただ会社に愛があり、シンプルなオシャレが好きで、仕事熱心な方でした。そのお人柄が先方に伝わり仕事に繋がったんでしょう。
ちょっとしたデコレーションが会話のきっかけになっていけば、素敵ですよね。

全面をキラキラに輝かせたスワロフスキーのデコ電も大好きですが、主張しすぎないけど存在感のある上品なワンポイントデコも好き。
貴方はどちらがお好みですか?

基村 あかり

株式会社Akari & Co. 代表取締役

デコアーティストとして活躍する経営者、スクールも開講。

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

関連するたしなみ

おすすめのたしなみ