Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士が知るべきデート店

またぎ(西麻布)【めくるめくジビエの世界】

%e5%a9%81%e7%86%8a%e6%9d%b1%e4%ba%acfb

肉好きレディーとのデート。
私ならまずはこちらをお勧めする。
有名焼肉店を食べ歩いているレディーでも、意外に知らない名店である。
西麻布交差点から六本木方面に歩いてすぐ。
大人デートにぴったりのシチュエーション。
ワイガヤ飲みなら囲炉裏の大テーブルをお勧めするが、2人でしっぽりなら半個室を予約しよう。
イノシシ、熊、鴨、鹿、キジ。
何を食べてもうまいのだ。
初めて行くなら、地鶏のレバー焼きと猪鍋はいかがだろう。
レバーとハツ、プリプリである。
レアで頂きたい。
その後の猪鍋。
イノシシはもちろん、野菜やキノコが最高。
〆の雑炊は一人前でも十分なボリューム。
身体の芯から温まり、なぜか二人に達成感が。
この後、大人ぽいバーを二軒目でセレクトすれば流れは完璧。

またぎ
住所:東京都港区西麻布3-1-15 RFビル1階
電話:03-3796-3388
予算:¥10,000~¥14,999
定休日:日曜・祝日
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13042734/

山之上 友

男子専科STYLE編集長。
1年365 ⽇、ほぼ外⾷。
⾼くて美味い店も⾏くけれど、レディーを幸せにする、コスパの良い店のみ常連に。
1人1万円程度ででおさまる、外さない⼤⼈のデート店をご紹介。

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

おすすめのたしなみ