Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士が知るべき女性起業家

サクラサク入居者紹介:帝塚山STYLE様

今回は、サクラサクに入居された「帝塚山STYLE」様をご紹介致します。

取材をお受けしてくださったのは、代表取締役の蔵咲花さんです。

 

‐会社の名前の由来を教えてください

 

“帝塚山”とは大阪にある高級住宅地の地名で、私が関西で主に活動している大切な場所です。

そこにいる方々は自身の生活スタイルやファッションを誰に気を遣うでもなく、素敵に自分を“カラフル”に表現されている方が多いなぁと思っていて。

また、大阪や関西のいい意味での“アットホームさ” “自分軸な発想”や“派手さ”を、日本の中心、東京から国内外に発信していけたらと考え、東京南青山に開業致しました。

 

-事業内容とその事業をやろうと思ったきっかけを教えてください

 

テーブルウェアのお稽古サロン事業を通じて、食器制作の時間は忙しい日々を送る大人の“癒し時間”となり、自身で作ったとっておきの食器は、毎日必ず使う食器を通じて、日々を丁寧に味わい、満たされた気持ちになると知りました。

 

この“好き”が似ている方同士が集まった、素晴らしいコミュニティがどんどん大きくなるにつれて、大切な方々をどのようにしたらもっとわくわく楽しんで頂けるのだろうかと、深掘りして熟考を重ねた結果、

枠にとらわれない洋服で外見を華やかに楽しんで頂きながら、世界に一つだけの天然石ジュエリーで煌びやかを身に纏う。そして、心の内側を整えるセッションを行ったりと、帝塚山スタイルにご縁ある方々が、内面外見共にハッピーで満たされる日々をご提供出来たら最高だなと思った事が開業のきっかけです。

 

~事業内容~

 “帝塚山スタイルで人生をカラフルに!”を会社理念に、

*セレクトブティック事業

*お稽古サロン事業(世界に一つのテーブルウェア制作)

*タイプ2ダイヤモンド・天然石ジュエリー事業

*自社オリジナルテーブルウェア販売

*インナーケアセッション

 

 

-どんな方に向けた事業ですか?

 

日々をわくわく楽しみたいと思っている女性。(わくわく楽しみたい男性も大歓迎)

華やかなお洋服が好きで、唯一無二の自分を大切にしたいと考えている人。

本当はわくわく楽しみたいと思っていたり、自分を大切にしたいと思っているけど、なかなかそうできない人。

 

外見を変えたいと思っているけど中々できない方は、内面の大きなブロックやトラウマが原因になっていたりすることもあります。そういった方は、帝塚山スタイルでお役に立てる事がきっとあります。

 

-事業を行う上で大切にしていることは何ですか?

 

全ては人とのつながり。めぐり逢い。ご縁を大切に想っています。

また、出逢わせて下さった方にも敬意を。

約束・期日は守ること。

継続・発展していく工夫、粘り。

 

 

-サクラサクに入ろうと思った理由、サクラサクの魅力は何ですか?

 

代表者の山崎様からお声掛け頂きまして、経営コンサルを受けております。

山崎様のお人柄や思考のスピード・経営に対するアドバイスは、私にいつも大切な気付きを与えてくれています。

まだ、数回のコンサルですが、感情を依存させる事をせずに、私の今出せる力をめいいっぱい引き出して励まして下さりながら、叱咤激励して頂いています。

 

サクラサク様の魅力は、成功している女性や、また本気で成功したいと考えている女性経営者の方と交流ができる事です。

最近流行りのキラキラ女子さんたちのようなふわふわした感じではなく、実績を積み重ねていく具体的な女性経営者の方が多いように感じました。

私自身も、見た目はふわふわみられがちですが(笑)、覚悟を決めて東京進出してきておりますので、サクラサク様での交流はとても有意義な時間となっていますね。

 

▼プロフィール

株式会社 帝塚山スタイル  代表取締役 蔵咲 花

 

テーブルウェアお稽古サロン・ファッション・ジュエリー・インナーケアなど

“世界にたった一人のあなたを愛でる”事をモットーに 内外共に光輝く日々をご提案

“帝塚山スタイルで人生をカラフルに!” を会社理念に

枠にとらわれない カラフルな自身のライフスタイルで

日々を表現し 国内外で活動している

娘2人がいる子育てママでもあり

独身女性から主婦層まで 広く支持を得ている

 

株式会社 帝塚山スタイルHP:https://tezukayamastyle.com/

 

女性起業家向けインキュベーション・シェアオフィスのサクラサクのビジネスコンシェルジュ

サクラサクHP:http://sakurasaku.bz/

サクラサクFB:https://www.facebook.com/sakurasaku.bz/?ref=bookmarks

連絡先:kawate@sakurasaku.bz

 

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

おすすめのたしなみ