Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士と行きたい京都

シリーズ第8弾 春爛漫!とっておきの京都 vol.4 【薄紅色に染まる古都、雅な桜に心を奪われて】

厳しい底冷えの寒さを過ぎ越し、ついにやってきた華やぎの季節!春の訪れに京都人は心の底から喜びを感じる。四季折々に見せる無限の美しさ のなかでも、特に桜が咲き乱れる春爛漫の京都の美しさは格別で、訪れる人々の心にとびきりの感動を与えてくれる。日本全国に桜の名所は数多くあるけれど、 日本中いや世界中で一番桜が似合う街は京都ではないかと…
歴史を感じる建造物、風格ある寺社や庭園を借景に咲き誇る桜、朱色の鳥居や楼門に重なりあう艶やかで雅な桜、池や清流な川に舞い落ちた花びらが水面を淡い ピンクに染める映し桜、山々の自然の景色と寄り添いながら静かに花開く桜、石畳の路地にお茶屋さんが立ち並ぶ祇園白川、舞妓さんや芸子さんが歩く光景とと もに見る満開の桜・・
自然や風情とともにお互いの美しさを引き合うように、古都の雅な空間を美しく彩る爛漫の桜は、誠に趣き深く誰もが魅惑されずにはいられない。
小さな頃からお花見といえば必ず家族で出かけた御所や八坂神社、桜の木の下で手作りのお弁当を開けて大宴会。女子高時代の通学路だった「哲学の道」、艶や かで可愛らしいピンク色に染まる散策路をそぞろ歩き、そんな懐かしく甘酸っぱい思い出とともに「今年も桜さんは元気に咲いてるかな」と毎年必ず行く桜ス ポットがたくさんある。
今回のシリーズ第8弾 春爛漫!とっておきの京都 vol.4 【薄紅色に染まる古都、雅な桜に心を奪われて】では、京都各所で咲き誇るお薦め桜スポットを厳選してご紹介!
世界遺産に咲き誇る華麗な桜やお寺の庭にひっそりと静かに咲く一本桜、川沿いに続く桜並木、あるいは夢幻の妖しさを漂わせながら闇に浮かぶ美しい夜桜・・・さて、今年はどんな桜を愛でましょうか。
古都の桜に心を奪われながら、貴方の生涯忘れられない美しき絶景、春の京都できっと巡り逢えるはず・・・

★京都のお薦め桜スポット★

■上賀茂神社
【住所】京都市北区上賀茂本山339
【電話番号】075-781-0011
【拝観・開門時間】
【アクセス】JR京都駅から市バス9系統「上賀茂御薗橋」から徒歩3分
【公式ホームページ】http://www.kamigamojinja.jp/

■平野神社
【住所】京都市北区平野宮本町1
【電話番号】075-461-4450
【拝観・開門時間】6:00~17:00(桜花期は22:00まで)
【アクセス】JR京都駅から市バス205または50系統「衣笠校前徒歩」3分
【公式ホームページ】http://www.asahi-net.or.jp/~cr8y-httr/hirano/index.html

■仁和寺
【住所】京都市右京区御室大内33
【電話番号】075-461-1155
【拝観・開門時間】9:00~17:00
【アクセス】JR京都駅 市バス26系統 JRバス 高尾京北線「御室仁和寺」すぐ
【公式ホームページ】http://www.ninnaji.or.jp/

■妙心寺 退蔵院
【住所】京都市右京区花園妙心寺町35
【電話番号】075-463-2855
【拝観・開門時間】9:00~17:00
【アクセス】JR嵯峨野線(亀岡・福知山方面行き)「花園駅」下車、徒歩約7分
【公式ホームページ】http://www.myoshinji.or.jp/

■二条城
【住所】京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
【電話番号】075-841-0096
【拝観・開門時間】8:45~16:00(閉城17:00)
【アクセス】JR京都駅 9系統または50系統他「二条城前」すぐ
【公式ホームページ】

■平安神宮
【住所】京都市左京区岡崎西天王町97
【電話番号】075-761-0221
【拝観・開門時間】8:30~18:00(受付は17:30まで)
【アクセス】JR京都駅 5系統または100系統他「岡崎公園美術館・平安神宮前」すぐ
【公式ホームページ】http://www.heianjingu.or.jp/

■哲学の道
【住所】京都市左京区銀閣寺橋から若王子橋
【電話番号】
【拝観・開門時間】
【アクセス】JR京都駅から市バス 5または100系統「銀閣寺道」徒歩3分

■清水寺
【住所】京都市東山区清水1-294
【電話番号】
【拝観・開門時間】6:00~18:00(季節・行事によって変更になります)
【アクセス】JR京都駅から市バス206系統、100系統「五条坂」から徒歩10分
【公式ホームページ】http://www.kiyomizudera.or.jp/

■高台寺
【住所】京都市東山区下河原町526
【電話番号】075-561-9966
【拝観・開門時間】9:00~17:00
【アクセス】JR京都駅から市バス 206または207系統「東山安井」下車 東へ徒歩5分
【公式ホームページ】http://www.kodaiji.com/index.html

■東寺(教王護国寺)
【住所】京都市南区九条町1番地
【電話番号】075-691-3325
【拝観・開門時間】 8:30~17:30
【アクセス】JR京都駅 徒歩15分、近鉄京都線 「東寺駅」 徒歩 10分
【公式ホームページ】http://www.toji.or.jp

★2015年 京都 夜桜ライトアップ情報★

■祇園白川宵桜ライトアップ
2015年3月27日(金)~4月5日(日)
http://www.gion-nawate.com/sakura/index.html

■清水寺 夜の特別拝観
2015年3月28日(土)~4月12日(日)
http://www.kiyomizudera.or.jp/event/

■高台寺 春の特別展・夜間拝観
2015年3月6日(金)~5月6日(水)
http://www.kodaiji.com/index.html

■二条城ライトアップ
2015年3月20日(金)~4月12日(日)
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/

田中 栄美(Emi Tanaka)

京都生まれ京都育ち、京都を愛してやまない生粋の京女。趣味は海外旅行、美食巡り、お料理

FBアカウント https://www.facebook.com/emi.tanaka.9887

 

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

関連するたしなみ

おすすめのたしなみ