Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士のためのエンターテイメント

ドキュメンタリー映画『レンブラントは誰の手に』公開中

2018年、オランダで44年ぶりにレンブラントが描いた肖像画が発見されたという驚くべきニュースが世間を騒がせた。若き画商で貴族のヤン・シックス11世がクリステイィーズで落札したものだ。

©2019DiscoursFilm

この映画には、レンブラントを愛する人たちが登場する。

1人目は、前述のヤン・シックス11世。レンブラントの描いた「ヤン・シックスの肖像」は彼の祖先がモデルである。その絵画と共に育った。

2人目は、スコットランドのバックルー侯爵。城の中はどこもかしこも名画にあふれている。レンブラントの「読書する女性」を愛し、それを見ては相好を崩す。「読書する女性」と一緒にリビングで読書をする喜びをかみしめる。個人蔵のものは、こうして一般人の目に触れずに密やかに楽しまれている。

©2019DiscoursFilm

3人目は、フランスの富豪ロスチャイルド男爵。寝室にかけてあるレンブラント「マールテンとオープイェ」は、何世代にもわたって保有し続けてきたが税金を払うために2点、1億6000万ユーロ(約200億円)で手放す。アムステルダム国立美術館と、ルーヴル美術館のどちらが獲得するのか。美術館は資金を調達できるのか。

©2019DiscoursFilm

4人目は、ニューヨークの実業家トーマス・S・カプラン。美術品の収集に魅せられ、レンブラントを次々と所有していく。収集品は美術館に展示して多くの人に見てもらおうという哲学を持っている。

夜警』で知られるレンブラントは、歴史画と当時人気の肖像画で実力を発揮し、その名声を確立した。17世紀オランダを代表する画家として「光と影の魔術師」と呼ばれ、今も愛され続けている。

名画は人を魅了し、とりこみ、狂わせる。登場する収集家、画商、美術館、研究者、修復家は、その人生を名画によって支配され翻弄されているようだ。いや、それほどの価値があるということなのかもしれない。

私など、個人で名画を所有する人たちのご尊顔を拝見できただけでありがたい(笑)。かなうならば、個人蔵のものをなるべく展覧会に貸し出して、見せてくださいませ。

ドキュメンタリー映画レンブラントは誰の手に」2021年2月26日(金)より Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開

*2021年3月1日現在の情報です*写真・記事の無断転載を禁じます。

岩崎由美

東京生まれ。上智大学卒業後、鹿島建設を経て、伯父である参議院議員岩崎純三事務所の研究員となりジャーナリスト活動を開始。その後、アナウンサーとしてTV、ラジオで活躍すると同時に、ライターとして雑誌や新聞などに記事を執筆。NHK国際放送、テレビ朝日報道番組、TV東京「株式ニュース」キャスターを6年間務めたほか、「日経ビジネス」「財界」などに企業トップのインタビュー記事、KADOKAWA Walkerplus地域編集長としてエンタテインメント記事を執筆。著書に『林文子 すべてはありがとうから始まる』(日経ビジネス人文庫)がある。

http://www.geocities.jp/officewe_homepage/

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

おすすめのたしなみ