Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士のためのアートデート

夜に目覚める生命のアートと戯れよう🌃「チームラボ」が光で呼び覚ます江戸時代の息吹 @偕楽園(水戸)☆2021年4月4日まで☆

3月も終盤のとある夕方、18時からスタートするという「チームラボ 偕楽園 光の祭」を目指して曲がりくねる坂道を歩いていきました。
  約3,000本の梅があるということで、梅の名所として広く知られていますが、梅の花にはちょっと遅かったかな?と思いつつ、入口の東門にたどり着いてびっくり👀 
 オープン1時間ほど前なのに、すでに長蛇の列ができていたのです!

 

目立っていたのは、20代前後の若いカップルや、女子友グループなど!驚いている間にも、続々と人々が坂を上ってやってきます。

 偕楽園と聞くと、昼間に梅林や竹林をゆっくりと眺めながら回遊する「日本三名園」というイメージだったのだけど、夜の偕楽園がこんなにポップなアート人気スポットになっているとは!恐るべしチームラボ👑

 18時ジャストにイソイソと入園♪まだ薄暗いながらも、赤や青の光が木々から放たれはじめ、森の音も聞こえてきます。

すると忽然と目の前に立ちはだかる緑色の光のグリッド!地面からむくむくと、木々をつたって拡がります。

奥の方にはピンクや青の光が明滅しつつ、神秘的な音も響いていて、この生きた緑の格子柄が、現実の世界とこらから足を踏み入れる異次元のちょうど境界線になっているようです。

具象と抽象 – 陽と陰の狭間 / Abstract and Concrete – Between Yin and Yang

そして、杉林の中に足を踏み入れていきます。
森の音、赤、青、緑の光が更に大きくなってきたころ、目の前に広がる無数の卵畑?!🥚

これは夢の中?周囲からも、「夢の世界~」という声が聞こえてきます。肩の高さほどもある巨大な卵たちが、様々な色に発光して木々の間に生えているのです。そして、その色や音は、私達が触ると呼応して変化する。。。

生きているのですね。

「この卵たちが、会期最終日に一斉に孵ったら面白いな~。笑」

孵化したら一体何が生まれるのでしょうね!

 

  

自立しつつも呼応する生命と呼応する大杉森 / Autonomous Resonating Life and Resonating Giant Cedar Forest

いつもチームラボのアートには、サプライズが隠されているのだけど、今回一番仰天したのは、孟宗竹林(もうそうちくりん)! あまりにも没頭しすぎで幻覚をみているのかと思ったほど👀

うっそうと茂る竹林添いに、途切れることのない「行列」が出現したのです。その行列は、ウサギたちのこともあれば、カエルたちのこともあり、人間たちのもともある。。。

狐が多く住む山の夜に、提灯を下げた「狐の嫁入り行列が」あったという昔話はよく読んだことがあるけど、それに似た現象をリアルに体験しちゃってる感じ。

あと、美術館でよく見る絵巻物語が巨大スクリーンになって開かれているような感じもします。

どちらにしても、自然とデジタルが融合して、太古の生命をも呼び覚まし、新しいアニミズム現象が夜な夜な起きているという感じ。我をわすれてしまいます!

Walk, Walk, Walk – 孟宗竹林 / Walk, Walk, Walk – Moso Bamboo Forest

極めつけは、偕楽園のシンボル梅林にて。
梅って人間みたいだと思っていたけど、暗闇に浮かび上がる梅たちは、歩き出してもおかしくない!

あとはみなさん、それぞれの感性を研ぎ澄ませてユニーク体験を満喫してくださいね(^^♪

             

生命は連続する光 – 梅林 / Life is Continuous Light – Plum Trees

菊池麻衣子 
【現代版アートサロン・パトロンプロジェクト代表、アートライター、美術コレクター】
東京大学卒:社会学専攻。 イギリスウォーリック大学大学院にてアートマネジメントを学ぶ。ギャラリー勤務、大手化粧品会社広報室を経て2014年にパトロンプロジェクトを設立。

【月刊誌連載】2019年から《月刊美術》「菊池麻衣子のワンデイアートトリップ」連載、《国際商業》アートビジネスコーナー連載
 資格:PRSJ認定PRプランナー
同時代のアーティスト達と私達が展覧会やお食事会、飲み会などを通して親しく交流する現代版アートサロンを主催しています。 美術館やギャラリーなどで「お洒落にデート!」も提唱しています。

パトロンプロジェクトHP:  http://patronproject.jimdo.com/
パトロンプロジェクトFacebook: https://www.facebook.com/patronproject/
菊池麻衣子Twitter: @cocomademoII

インスタグラム:https://www.instagram.com/cocomademois/

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

Related Posts

おすすめのたしなみ