ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

  • 白井俊夫
  • 稲葉瀧文
  • 奥住有史
  • 北山秀彦
  • 細川智寛
  • 菅野貴司
  • 木村裕紀
  • やまけん
  • 新藤典弘
  • 青木武換
  • alex
  • 西原歩
  • 小山飛鳥
  • 鈴木晴生
  • 大西慎哉

  • 帽子選びにチャレンジ
  • オーダーシューズにチャレンジ
  • 着物の誂えにチャレンジ
  • オーダースーツにチャレンジ
  • バッグ選びにチャレンジ
  • 大人のお酒のお供にチャレンジ
  • 京都の町家ステイにチャレンジ
  • 日帰りリゾートにチャレンジ
  • セクシーボディートレーニングにチャレンジ
  • 会員制ドクターコンシェルジュサービスにチャレンジ
  • 髪の毛の悩み解消にチャレンジ
  • ウィスキーライヴ・パーティーにチャレンジ
  • マイフェアレディプロジェクトにチャレンジ
  • 美人先生から学んでみよう

  • 紳士が知るべきブランドストーリー
  • 紳士がするべき時計
  • 紳士が知るべき日本の逸品
  • 紳士と行きたい京都
  • 紳士のための焼酎入門
  • 紳士のための恋する日本酒
  • 紳士が知るべき日本酒の名店
  • 紳士が知るべき大人のお酒のお供
  • 紳士が知るべき女性のもてなし方
  • 紳士のためのアートデート
  • アラサー女子に人気の紳士とは?
  • 紳士が選ぶべき水着・ショートパンツ
  • 紳士が選ぶべき下着
  • 紳士が知るべき日本人デザイナー
  • 紳士が知るべきアジア最前線
  • できる紳士のスーツの知識
  • 紳士が知るべきカジュアルスタイル
  • できる紳士の色づかい
  • 大人の女性の取扱説明書
  • できる紳士のデコレーションアート
  • 紳士と行きたいレストラン
  • ギター紳士の独り言
  • イタリア紳士の独り言
  • 紳士のためのお金のデザイン

  • 三島由紀夫
    男子專科 1969年5月号より 三島由紀夫
  • 石津祥介
    ファッション哲学 石津祥介
  • 久保修
    ファッション哲学 久保修