Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士が知るべき不動産投資

不動産投資の失敗例、落とし穴に落ちないために、事前に知っておくべき情報まとめ

不動産とは高額な商品です。落とし穴の場所と大きさを知っていれば、そこへ落ちること無く前進できます。利回りの目安から電話営業の撃退法といった基本的な情報から、サブリースや節税の仕組みを詳しく解説。不動産投資のプロとして、不動産業者と投資家との情報の格差を埋めるアドバイスを行います。

 

不動産投資で陥る失敗には共通点があり、あらかじめ対策をすることができます。事前に得られる節税や諸経費などの基本知識をあらかじめ身に着けておくことで正しい判断ができるようにし、購入前から物件の情報を余すことなく入手することも重要です。仲介業者が良し悪しを含めた情報をしっかり提供してくれるのかも見極めましょう。

参考不動産投資で失敗する5大事例とその対策とは?

 

高い利回りイコール良い物件、と判断するのは早計です。利回りが低くても立地の良さやニーズの高さから空室リスクを回避し、安定した家賃収入を見込める物件も数多く存在します。一方で利回りが高くても空室リスクがあり管理コストや売却に難がある物件も存在します。利回りは数字で判断できる情報ではありますが、あくまでも判断材料のひとつとして把握しておきましょう。

参考目安は何%?不動産投資の利回りの平均や相場について

 

業者による詐欺まがいの商法の対策は、投資物件選びの段階でそれらを回避できる対策があります。契約だけにフォーカスし、家賃を含めた収支や所有時にかかる管理費など、購入した後についての説明やシミュレーションが不十分な業者には注意が必要です。

参考不動産投資の「詐欺まがい商法」に騙されないために

 

ビジネスマンデータを利用して不動産投資の勧誘電話をかける業者は今も多数存在します。恫喝や真夜中の架電など悪質な勧誘は法律で明確に禁止されているので、毅然と断ることが第一です。もし言われるがまま契約してしまったとしても、クーリング・オフ制度があります。不動産投資の基礎知識とあわせて踏まえておきましょう。

参考もう怖くない!不動産投資の勧誘電話がピタッと止む効果的な撃退法

 

購入した物件で投資金額を超える金額を回収できれば不動産投資は「成功」です。そのためには利回りを把握して立地を重視した物件を選び、長期を見据えた融資機関の利用が重要です。安易な儲け話ではなく、基礎知識を踏まえた上で取り組む姿勢が不動産投資の成功を左右します。

参考不動産投資で失敗しない!不動産投資で「成功」するための4つのポイントを解説

 

あらゆる投資はリスクと向き合いながら行うことが求められ、投資家の手法や計画性が問われる「事業」です。不動産投資は勉強して正しい情報を習得することでリスクを抑えることができる堅実な投資といえます。「儲け」にまつわる単語だけに惑わされず、あくまでも長期的な事業や経営として取り組むことが求められます。

参考不動産投資は儲かる?儲からない?

 

サブリース契約は不動産会社が借主となって賃料を支払うので、空室リスク回避の面でオーナーにとって有効な契約とみられがちですが、オーナー側の解約ができないのに借主側から簡単に解約できるなど、総合的にはサブリース会社(借主)側に有利な契約です。サブリース契約を締結する場合は、こうした性質を理解した上で検討しなければいけません。

参考サブリースは解約できない?契約解除で起こる問題と解決策

 

投資物件を購入した初年度は経費がかかるため赤字になることがあります。不動産投資の主な所得は損益通算できるので確定申告は欠かせません。ですが、節税に傾注してキャッシュフローの黒字という目的をおろそかにしないことが最も重要です。

参考不動産投資における赤字と損益通算、減価償却による節税について分かりやすく解説!

 

購入物件のローン返済が滞り売却後も債務返済ができなくなると、不動産投資はやがて破産に至ります。しかし、不動産投資における破産は突発的に陥るものではありません。返済に直結する家賃収入を滞らせず、状況に応じて借り換えによるローン圧縮に取り組むなど、破産を回避するための対策を事前に施すことができます。

参考不動産投資は破産するほど危険な投資ではない

投資家目線の収益物件紹介サイト 不動産投資 TOKYOリスタイル

【運営会社】ストレイトライド株式会社

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-1 新宿セブンビル202

TEL 03-6380-6422 / FAX 03-6380-6480

 

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

関連するたしなみ

おすすめのたしなみ