Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士が知るべき不動産投資

不動産投資の仕組みや投資家になる人、安心できる相談相手やその費用について、不動産投資の初歩的な情報を詳しく解説します

不動産投資をどのように初めて良いか分からない、という方は多いのではないでしょうか。不動産投資家と聞くと地主や資産家といった極少数の限られた人、という印象を持ちますが、実は年収500万円以上の方が多く、サラリーマンがサイドビジネスとして始めるには最適な、手間のかからない投資手法です。健全な方法を選べばローリスクミドルリターンとも言われる投資になりますので、これを機に不動産投資の正しい方法論をしっかりと理解してください。

 

堅実に家賃を得るためには、利回り情報はもちろん、ローンを利用するのに融資機関の利用方法を理解することも大切です。また、リスクを抑え黒字収益を安定させるためにも物件自体の情報も欠かせません。年間20万円以上の家賃収入時は確定申告も行います。投資ですが「大家業」という事業あるという認識で堅実にすすめていきましょう。

参考不動産投資で家賃収入を得るやり方をわかりやすく説明

 

20代から不動産投資を始めると、ローンの審査も通りやすく経験を次に活かしやすいというメリットがあります。基礎知識を勉強し、ある程度の自己資金を用意した上で積極的に経験を積むことにより、より堅実な成功につなげることができます。

参考お金も知識もない20代からの不動産投資の始め方

 

不動産投資で生じた赤字は、損益通算することで節税につなげることができます。しかし、黒字収支を目的とする不動産投資は赤字が前提となる節税の仕組みとは性質上相反しています。収支により節税は可能ですが、赤字が継続するとキャッシュフローの破綻につながるので注意が必要です。

参考サラリーマンは不動産投資で節税できるのか?

 

物件選定で注目される利回りは、築年数や家賃により相場があります。しかし、利回りが安くても空室リスクのない良い物件もあれば高い利回りでも空室リスクや管理のコストが高い物件も存在します。利回りは物件選定における判断材料のひとつである、ということを踏まえておきましょう。

参考目安は何%?不動産投資の利回りの平均や相場について

 

一言に不動産投資といっても、物件についてだけでなく税金や相続、資産運用など相談内容によって的確に応じられる相手は異なってきます。これら投資にまつわることを包括的に相談したい場合は不動産会社が適していますが、その業者が多くの情報を把握しているか、具体的で正しい提案をしてくれるかといった点は見極める必要があります。

参考不動産投資のことは誰に相談すればいいの?

 

ワンルームマンション2000万円の物件をローンで購入する場合、必要な自己資金は頭金と初期費用とでおよそ260万円ほどです。自己資金の支出を抑えるためにローンに頭金を含めてしまうと利息が高くなり後の運用にも影響してしまいます。支出を抑えるには諸経費を見直してみましょう。

参考不動産投資を始めるにはいくら必要?初心者のための初期費用・自己資金の目安

 

金融機関の規模により審査ラインの年収は異なりますが、不動産投資の融資を受けられるめやすは700万円です。自己資金を増やしたり、借入を見直し、収入を安定させることで自身の属性を高くすれば融資の窓口は広がります。

参考不動産投資を始めるのに年収はいくら必要?属性を上げるポイントは?

 

手頃な価格、豊富な物件量、管理の手間の面から不動産投資初心者に最も向いているのはワンルームマンションです。空室リスクや諸費用を抑える対策として、東京23区の中古マンションを対象とし、頭金を用意した上でのローン利用が最適です。

参考不動産投資はワンルームマンションから始めよう

 

日比谷線の新駅として今年開業する虎ノ門ヒルズ駅は、ヒルズタワーへのアクセスが便利になるだけでなく、日比谷線と銀座線間の乗換が短縮されることで周辺駅や路線のアクセスを好転が期待されています。駅周辺も国際的な施設の開発が計画されており、今後は経済的な影響も注目です。

参考虎ノ門ヒルズ駅がすごい!その全貌と再開発について

投資家目線の収益物件紹介サイト 不動産投資 TOKYOリスタイル

【運営会社】ストレイトライド株式会社

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-1 新宿セブンビル202

TEL 03-6380-6422 / FAX 03-6380-6480

 

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

関連するたしなみ

おすすめのたしなみ