Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士が知るべき数秘術

数秘的愛のメッセージ ~数秘でみる今年の世相① 2019年は「走る年」~

世の中は“数字”であふれていますね。

✔時計が表す時間
✔お会計の時の金額
✔Suicaをピッとした時に表示される料金

生活の様々な場面で出会う“数字”。
その数字たちには、ぞれぞれ意味があって、
その数字を読み解くことによって、
あなたへのメッセージが分かるとしたら…

 

まさに、
「数字の秘密」
「数秘の神秘」ですよね。

 

日本数秘セラピスト協会代表理事の野元美沙です。

 

2018年は私にとって運命の年でした。

 

“数秘”という、
本当にやりたいことと出会えたからです。

 

そして、私の周りにも今年、
本当の自分に出会えたという人がたくさんいます。

それは、ただの偶然ではありません。
2018年は、数秘的に「自分の使命」に気づきやすい年なのです。

 

皆さんの中にも、
魂を揺さぶられるような経験をした人は
多いのではないでしょうか?

 

 

数秘では個人の性質や指針だけではなく、
その年の世相、つまり「今年はこんな年」
という社会全体の動きを占うことができます。

 

これを「社会年数秘」といいます。

 

その年の世相に合った目標を立てることで、
自分が目指す姿に近づきやすくなるのです(^^)

 

残りわずかとなった2018年。
そして、もうすぐやってくる2019年の世相を知って
その流れに乗りましょう♪

 

 

という事で、今回の記事では、

<数秘で占う社会の動き>を見ていきたいと思います!!

 

 

★社会年数秘の出し方

社会年数秘の計算方法は基本的にライフパスと同じです。
年数の各数字を足し、
一桁または11、22、33になるまで繰り返します。

 

2018年は2+0+1+8=11
2019年は2+0+1+9=12
1+2=3

以上のとおり、世相を表す数は
2018年が「11」、
2019年が「3」です。

社会年数秘は、その年の数秘なので、
誰にでも当てはまります。

 

これとは別に、個人のバイオリズムを
あらわす個人年数秘がありますが、
計算方法がややこしいので、
ここではあえてお伝えしません。

 

まずは、世の中の流れをマクロな視点でみて、
ご自身の行動と照らし合わせてみましょう。

 

個人年数秘を知りたい方は、
ぜひ個人鑑定数秘お茶会にいらしてください。

 

★2018年は数秘的にどんな年だったの?

2018年の社会年数秘は11。
直感的・感覚的なものが研ぎ澄まされる年です。
1と1でアンテナが2本たっているというイメージです。

 

よって、2018年は自分の中にある
「ザワザワ」から「突き抜ける」年!

 

鋭くなった感性が、冒頭で書いたような
「私の使命って何?」
「本当の自分って?」
ということを気づかせてくれるのです。

 

2018年は地震に豪雨、台風と
災害が多かった年でもあります。

 

大変な危機を経験したり、
目の当たりにしたりすることで
みなさんは、何を感じたでしょうか?

 

 

「大切なもの」「自分の生き方」について、
魂レベルで真剣に考え、感じ、
そして、気づかされた人が少なくないはずです。

 

そして、自分の使命にたどり着くまで、
不安や葛藤を感じた人も多いと思います。

 

感覚的にあらわすと、
心の中が「ザワザワ」している感じ。

 

今現在、「本当にこれでいいのかな……?」
と自問自答している人は、
悩みの壁を突き抜けるまでのプロセスだと
思ってください。

 

そして、長い人生でみると、
このたった一瞬の時間を大切に味わってみてください。
葛藤はやがて、よりよい未来につながっていきます。

心が揺れ動くこと自体は間違ったことではありません。
安心してくださいね♪

自分の役目が何かについて、
疑問を持ち始めた時点で、
本当の自分になっていくための流れに乗っています。

不安に感じてもいいですし、
プロセスとして味わっていくのもよいでしょう。
まだ使命に出会えていないと感じる人も、
それはそれでよいのです。

 

★2019年はどんな年なの?

2019年の社会年数秘は3。
2019年は発展と創造を楽しむ年です!

キーワードは、「ポジティブ」「ハッピー」「無邪気」。

 

2018年とは打って変わって、
とにかく楽しむ!!という年です。

1は男性的な主体性、
2は女性的に寄り添う
という意味があるのに対し、
3は子供らしさをあらわします。

 

このように、天真爛漫さが際立つ世相のもと、
時代の追い風が吹くのはどんな人たちでしょうか?

 

それは喜びを素直に表現していく人たちです。

 

2019年は、魂から湧き上がるようなワクワクを
モチベーションにして行動できる人が
成功しやすい年といえます。

 

反対に、肩に力が入っている頭でっかちな人、
頑張らなければ成功できない
という思いにしばられているような人は
流れに乗りにくくなるでしょう。

 

仕事においても、
人を楽しませることでビジネスのフローが
回っていきやすくなります。

 

そのためには、まず自分が楽しむこと。
楽しんでいる姿を周囲に見せる事で、
喜びを伝染させていくことです。

 

そして、楽しむことに人々がお金を捻出しやすくなる年。

 

エンターテイメント業界をはじめとして、
楽しむこと、魂の喜びを知ることを
エッセンスに盛り込むと、
お金も人も集まり、
ご縁も深まりやすいでしょう。

 

クリエイティブなことをしたり、
新しい物事を始めてみたりすることにも向いています。
美術や音楽など芸術作品を鑑賞すると、
普段よりもさらに面白く感じるはずです。

 

2019年はとにかく楽しみましょう♪

 

パッと思いついたらやってみる!
すると、自然とうまくいく。
ということがよくある年です。

「流れる年」も「流れにくい年」も大切に!

 

★2018年と2019年の流れの違い

世相を味方につけて
不安や葛藤を感じる反面、
使命に出会うことも多い2018年。

 

さまざまな物事がスムーズに流れやすく、
楽しむことにお金も人も集まりやすい2019年。

 

皆さんはこれからを
どのように過ごしていきたいですか?

 

感覚的でスピリチュアルな
傾向が強い2018年に比べて、
2019年は現実的な動きが目立ちます。

 

物事が軽いエネルギーでスムーズに動く
=「流れる年」です。

 

この流れる年を前に、
残りわずかな「流れにくい年」を
どうやって過ごすのがよいでしょうか?

 

また、どのような気持ちで
2019年に臨めばいいのでしょうか?

 

数秘では「流れる年」と
「流れにくい年」は交互にやってきます。

 

「流れる年」はアクティブに
活動するほうがよい年。
=「走る年」ともいいます。

 

じゃあ「流れにくい年」
=「動かないほうがよい年」なのか?
というと、そうではありません。

 

たしかに動きにくい年ではありますが、
その分、私は「深める年」であってほしいと思います。

<順調に物事が流れる年=良い時期>
だと思いがちですが、
スムーズに行かないときほど、
心の持ち方を自分なりに深めていってほしいのです。

 

そのときにしか経験できない
深さや豊かさを味わってください。

 

流れる年の行動に備えて、
多くの知識を吸収するのもよいでしょう。

 

「どの時期も豊かで素敵」

 

私が大切にしている数秘の世界観です。
夏には夏の、秋には秋の楽しみがあります。
冬は寒くてつらいけど、
その寒さがあるからこそ、
春にきれいな桜が咲きます。

 

春夏秋冬どれも素晴らしい。

 

「深める年」があるから「走る年」を楽しめるのです。

 

このような流れを知り、
戦略を練れるのも数秘のよいところ。
人生の地図を持つことはとても大事です。

 

使命に気づきやすい2018年も終盤!!
人生の目的がわからず
心がザワザワしている人も、
焦らず深めていきましょう。

 

そして2019年に入ったら、
楽しんでいくことにフォーカスしてみてください!

 

会いたい人に会い、言いたいことを言う。

 

その中で自分自身が楽しむことを目標にし、
達成していけば、少しずつ自信が持てるようになります。

 

うまくいくこと、
楽しめることの幅が増え、
素敵な循環になっていくことでしょう。

 

迷いと葛藤を深めていけば、
必ず本当の自分と出会えます。

 

そのプロセスを楽しんでいってくださいね(^^)

私自身は2019年をとてもワクワクした
気持ちで迎えることができそうです。

いちばん大きな理由は、
お弟子さん(エンジェルと呼んでいます)
を養成したことにより、
数秘をお届けできる範囲が広がったことです!

 

彼女たちのお客様から喜びの声を聞くことは、
私が直接クライアントを鑑定したときに
負けないくらい嬉しいことです。

 

そして数秘に限らず、人生を楽しみ
豊かにするようなコミュニティを創造し、
ふくらませていきたいとも思っています。

幸せを波紋のように広げていければいいな♪

 

 

男子専科の読者の皆さんは、
会社などの組織でリーダーとして
活躍している世代の方が多いのではないでしょうか?

世相をわかったうえで行動すれば、
人をうまく巻き込むことができます。

 

社会のリーダーである皆さんには、
この流れにフォーカスし、
新しい時代を作って頂きたいと思います。

私たち日本数秘セラピスト協会では、
独自のメソッドによるセミナーと
個人鑑定を随時行っております。

 

リーダーである皆さんが、
より具体的にアクティブな行動を実践できるよう、
心をこめてサポートさせていただきます。

 

ご要望やご質問があれば下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

★個人鑑定について⇒こちら
★数秘お茶会について⇒こちら
★その他、お問合せ⇒こちら

 

最後に数秘とは関係なく、皆さんにお伝えしたいことがあります。

「今年やりたいことはできましたか?」

 

もし、まだなら、目標を達成するための
行動をぜひ続けてください。

 

「1ヶ月しかない」と思うよりも、
「まだ1ヶ月ある」と考えて、
ゴールに向かって走っていってください。

 

できることはたくさんあるはず。

「大掃除」は今年のうちにしてしまいましょう!

 

 

************

★個人鑑定について⇒こちら
★数秘お茶会について⇒こちら
★その他、お問合せ⇒こちら

“あなたの本質は、あなただけの宝物” 本質を活かす事で、あなたがあなたらしく輝く、心の奥から喜びが溢れ出すお手伝いをします!

■HP・お問い合わせ先

http://nomotomisa.com/

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

関連するたしなみ

おすすめのたしなみ