Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士のためのアートデート

公募展FACEに見る世相☀コロナ禍中、想像力は豊穣に?!

入選作品より:ダーウィンの進化論を木の板に彫り込んだような作品。
生命への哲学的思考と想像の産物か?!
FACE展2021@SOMPO美術財団VOL.9開催中☀「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募するコンクールということで、毎回興味津々&新しい発見があります(^^♪
 
今年のグランプリは、衝撃的にシンプルでゆるふわっとした《sweet potato》by 魏嘉さん!チラシの印刷で見た時は、あまりのシンプルさに唖然としたのですが。。。
実物は、一見子供のような筆致にみえつつ迷いのない筆致、謎の空白&突如として現れる漢字で描いた手?など、突出した抜け感オーラがあり、目立っていました✨
 

グランプリ:《sweet potato》魏嘉(ウェイジャ)2020年 パステル・スプレー・エアブラシ・キャンバス 130.3×162cm

 全体的なモティーフは、このグランプリ作品を筆頭に、子供の絵本の世界のようなファンタジー漂うものが多かった印象。個人的な想像としては、コロナ禍で集中的に家にこもっていると、生命や人について哲学的な思考が大いに羽ばたき、空想とシンクロして濃密になったイメージが出てくるのかな~という感覚。長い自粛期間中に見た「夢」が「絵」になって産まれてきたような印象もありました。
 

審査員特別賞:《パライソ》(審査員:堀 元彰)山本亜由夢2020年 油彩・アクリル・キャンバス 162×162cm ☆緑の楽園の随所に男女が絡み合うシーンが!バリの新婚旅行を思い出しました(^^♪

 
     

審査員特別賞:《感触は、ゆで卵の黄身》(審査員:椿 玲子)井上りか子 2020年 油彩・パステル・キャンバス 196×167cm

受賞作品とならなかった入選作品の中にももちろんキラキラと魅力的な作品が!
特に、原真吾さんの《デリバリさん》なんかは、ウーバーイーツを彷彿とさせる自転車パーソンとポップなハンバーガーがお洒落でシュールで好きでした🍔「オーディエンス賞」として一票♪
※会場で「オーディエンス賞」を投じるコーナーがありますので、みなさんもぜひ参加してみては?
 
原真吾《デリバリさん》
 
こちらの作品も、少女がバスタブの中の金魚に餌を撒いている不思議な光景。奥の銀箔に写る光景は夢のなかのよう?日本画の画材と質感も素晴らしく、印象に残りました~!
 
     
片野莉乃:《家族鉢》
 
【展覧会概要】
『FACE展2021』~ 03.07(日)
場所:SOMPO美術館

菊池麻衣子 
【現代版アートサロン・パトロンプロジェクト代表、アートライター、美術コレクター】
東京大学卒:社会学専攻。 イギリスウォーリック大学大学院にてアートマネジメントを学ぶ。ギャラリー勤務、大手化粧品会社広報室を経て2014年にパトロンプロジェクトを設立。

【月刊誌連載】2019年から《月刊美術》「菊池麻衣子のワンデイアートトリップ」連載、《国際商業》アートビジネスコーナー連載
 資格:PRSJ認定PRプランナー
同時代のアーティスト達と私達が展覧会やお食事会、飲み会などを通して親しく交流する現代版アートサロンを主催しています。 美術館やギャラリーなどで「お洒落にデート!」も提唱しています。

パトロンプロジェクトHP:  http://patronproject.jimdo.com/
パトロンプロジェクトFacebook: https://www.facebook.com/patronproject/
菊池麻衣子Twitter: @cocomademoII

インスタグラム:https://www.instagram.com/cocomademois/

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

Related Posts

おすすめのたしなみ