Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士のためのおでかけエンターテイメント

永遠の女性マリリン・モンロー、生誕90周年を過ぎました

「マリリン・モンローが生きていたら90歳すぎているのね~」と感慨深い私。マリリン・モンローはおばあさんになっても、きっと可愛いかっただろうな。それとも、年をとることに耐えられないようなタイプだったかしら・・。

世界中から愛された魅力あふれるハリウッドの大女優マリリン・モンローの生誕90周年を記念して、代官山蔦屋書店で「マリリン・モンロー 彼女は愛されるために何をした?」が2018年2月2日開催されました。

トークショーには、『マリリン・モンロー 魅せる女の言葉』(PHP文庫)の著者で、映画プロデユーサーの高野てるみさんが登場。高野さんは、フランス映画の配給・製作にもかかわってこられた専門家で、ココ・シャネルやブリジット・バルドーに関する著書も出されています。

ナビゲーターは、蔦屋書店のシネマコンシェルジュ吉川昭利さんです。

マリリンは、1950年代、セクシーで可愛い女性として熱狂的に愛されていました。その彼女の資料に基づき、直接かかわった人たちから人物像をあぶりだし、マリリンの言葉を拾い出した高野さんは、「マリリンは、闘う人だった」と語ります。映画『アスファルト・ジャングル』『紳士は金髪がお好き』『荒馬と女』『お熱いのがお好き』などをピックアップし、映像を見せながら解説していきます。

2番目の結婚相手、メジャーリーグのスーパースター、ジョー・ディマジオとの新婚旅行で来日した時に、夫を置いて朝鮮戦争で戦う兵士たちの慰問におとずれたこともあります。2月の寒空の中、身体のシルエットが出る薄手のドレスをまとって歌い、兵士たちを元気づけたことが、歴史ドキュメンタリーに必ずと言っていいほど登場するということ。

ボディをしなやかにするために、筋膜を鍛えていたこと。

そして、『紳士は金髪がお好き』の場面で、結婚しようと思っている人のお父さんに「金目当てだろう」と言われたとき「あなたの娘が結婚する時、お金のある所に行かせてやるのは普通のことでしょ」と返します。それに対してお父さんが「あなたは頭が悪いと聞いていたけど、いいじゃないか」と言うと「男性が頭の良い女性を嫌うから、頭が悪いように装っている」という言葉が、時代を物語っていると話します。
「ダイヤモンドは女の親友」を歌っている場面では、吉川さんから、ウエストサイド物語のジョージ・チャキリスが出ているという指摘もあり、会場は大興奮。

 

また、密着写真を撮っていたカメラマンの写真集からも肉声を抜粋したそうです。

 

ご存知、地下鉄の通気口から吹き上げる風にスカートがまくれ上がるシーンのある『7年目の浮気』。

脚がきれいだわぁ。

ただ、待っているだけなのに何だかとってもチャーミング。

こんなに色気があるのに、濡れ場のシーンはひとつもないとか。たしかに、思い当たりません。

さらに高野さんは、「男性にもてるヒント」も教えてくれました。

「愛される女性」をスクリーンで演じ、そのために自分を磨き上げ、理想の女性としてつくりあげていったマリリンは、ウイットに富んだ賢い女性でした。亡くなったのは36歳。もったいなかったですね。もっと、スクリーンで観たかった。

 

最後に、吉川さん秘蔵のパネルを見せてくれました。

これは、彼女が車の月賦が支払えなくて撮ったカレンダーとして有名です。なんてきれいな身体なんでしょう。アートのようです。

トークショーは、高野さんの「マリリン・モンローは天からの贈り物だった」と言う言葉で締めくくられました。

 

私は女性らしさをなるべく消そうとして生きてきたけど、久しぶりに、女性らしい女性を見て魅せられました。女らしいっていいかも~。

 

2018年3月3日(土)19時~、中目黒の蔦屋書店で「マリリン・モンローが魅せる、女子のミガキ方」イベントがあります。詳細はコチラ HP

 

*2018年2月7日現在の情報です。*写真・記事の無断転載を禁じます。

岩崎由美

東京生まれ。上智大学卒業後、鹿島建設を経て、伯父である参議院議員岩崎純三事務所の研究員となりジャーナリスト活動を開始。その後、アナウンサーとしてTV、ラジオで活躍すると同時に、ライターとして雑誌や新聞などに記事を執筆。NHK国際放送、テレビ朝日報道番組、TV東京「株式ニュース」キャスターを6年間務めたほか、「日経ビジネス」「財界」などに企業トップのインタビュー記事、KADOKAWA Walkerplus地域編集長としてエンタテインメント記事を執筆。著書に『林文子 すべてはありがとうから始まる』(日経ビジネス人文庫)がある。

http://www.geocities.jp/officewe_homepage/

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

関連するたしなみ

おすすめのたしなみ