Taste of the gentleman

紳士のたしなみ

紳士のたしなみでは、紳士道を追求するにあたり、
是非学びたい気になるテーマについて学んでいきます。

紳士のためのおでかけエンターテイメント

第31回東京国際映画祭 始まっています

2018年10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。六本木を中心に11月3日までの10日間繰り広げられています。

 

世界中から集められた作品が毎日朝から晩まで上映され、世界の映画人が集まってきています。また、映画の上映に合わせて、セミナーやシンポジウム、ワークショップなども開催され、マーケットと連動した企画も実施しています。

六本木ヒルズを歩いていると、何気なく監督さんや俳優さんたちとすれ違えるのも楽しみの一つ。

 

上映作品は9つの部門で構成されていて、中心となるコンペティション部門には、今年は109の国と地域から約1800本もの作品が集まり、その中から16本が選ばれました。

審査員は、5名。

©2018 TIFF

審査委員長はフィリピンのブリランテ・メンドーサ監督。カンヌ映画祭監督賞などを受賞しています。審査委員のブライアン・パークプロデユーサーは「ミッション;インポッシブル/ゴースト・プロトコル」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」などをプロデユースしています。イランを代表する女優のタラネ・アリドウスティ、現在の香港映画界で最も著名なスタンリー・クワン監督・プロデユーサー、女優の南果歩という面々です。

 記者会見では、どの審査員も「先入観を持たないで観る」と、そして南果歩さんは「審査員全員、映画を愛し、人生を捧げ、映画に夢を持っていて、映画に情熱を捧げています。ホスト国として、世界中の映画人が出したい関わりたいと思ってもらえるよう尽力したい」と語りました。11月2日(金)にはアウォード・セレモニーでグランプリが発表されます。

 

©2018 TIFF

そのほか、アジアの未来、日本映画スプラッシュ、特別招待作品、Japan Now、ワールドフォーカス、CROSSCUT ASIA、日本映画クラシックス、ユースといった部門があり、それぞれの賞の発表は同じく11月2日(金)のアウォード・セレモニーで行われます。受賞作の上映もあるのでお楽しみに。

あと残り5日間。映画から世界の今を観てみたい!

 

*2018年10月28日現在の情報です。*写真・記事の無断転載を禁じます。

岩崎由美

東京生まれ。上智大学卒業後、鹿島建設を経て、伯父である参議院議員岩崎純三事務所の研究員となりジャーナリスト活動を開始。その後、アナウンサーとしてTV、ラジオで活躍すると同時に、ライターとして雑誌や新聞などに記事を執筆。NHK国際放送、テレビ朝日報道番組、TV東京「株式ニュース」キャスターを6年間務めたほか、「日経ビジネス」「財界」などに企業トップのインタビュー記事、KADOKAWA Walkerplus地域編集長としてエンタテインメント記事を執筆。著書に『林文子 すべてはありがとうから始まる』(日経ビジネス人文庫)がある。

http://www.geocities.jp/officewe_homepage/

ダンディズムとは

古き良き伝統を守りながら変革を求めるのは、簡単なことではありません。しかし私たちには、ひとつひとつ積み重ねてきた経験があります。
試行錯誤の末に、本物と出会い、見極め、味わい尽くす。そうした経験を重ねることで私たちは成長し、本物の品格とその価値を知ります。そして、伝統の中にこそ変革の種が隠されていることを、私達の経験が教えてくれます。
だから過去の歴史や伝統に思いを馳せ、その意味を理解した上で、新たな試みにチャレンジ。決して止まることのない探究心と向上心を持って、さらに上のステージを目指します。その姿勢こそが、ダンディズムではないでしょうか。

もちろん紳士なら、誰しも自分なりのダンディズムを心に秘めているでしょう。それを「粋の精神」と呼ぶかもしれません。あるいは、「武士道」と考える人もいます。さらに、「優しさ」、「傾奇者の心意気」など、その表現は十人十色です。

現代のダンディを完全解説 | 服装から振る舞いまで

1950年に創刊した、日本で最も歴史のある男性ファッション・ライフスタイル誌『男子専科』の使命として、多様に姿を変えるその精神を、私たちはこれからも追求し続け、世代を越えて受け継いでいく日本のダンディズム精神を、読者の皆さんと創り上げていきます。

関連するたしなみ

おすすめのたしなみ